やりたいように生きていきます。

とりあえずやりたいことをやってみる日記

アートアンドロジック、豊かな時間

f:id:yorie777:20180723062736j:plain
f:id:yorie777:20180723062806j:plain
7/21、7/22、アートアンドロジックの講座を受講して来ました。
最初はいびつな線でしか描けなかったのが、たった二日で大幅に絵の質が変わりました。

アートアンドロジックではデッサンの論理を学び、いくつか実際に絵を描きながら実践しました。

ここまで絵が変わるとは嬉しい限りです。

私は絵を本格的に習ったことは全くない五十才近いおばちゃんです。

日常的に絵を描いていたとか、美術部に入ったこともありません。

でも、絵に対する思いは心の奥底でくすぶっていたように思います。
今まで思い返せば、学生時代美術の授業できちんと論理を教えてもらったことはありません。
デッサンは美術の基本ですが、それが普通の学校では身に付けられなかったのです。

別に美大受験したいとかじゃない、どうしてもうちょっときちんと描いてみたいだけなのに、それができないのだろう、と残念に思って過ごしていました。

アートアンドロジックのことを関西のラジオ放送で聞いたとき、なぜかこれだ!と思ったのです。

論理的に学ぶという点が心に刺さったのです。

私にとっては行ってみて正解でした。

アートアンドロジックの二日間は、私がずっと欲しかった教えそのものがつまっていました。
とても自分に合っていたのだと思います。

もっとアートアンドロジックで学んだような論理的な美術教育が、一般的に広まればいい、心の底からそう思います。

私に新たな世界の扉を開いてくれたアートアンドロジックの皆様に心より感謝申し上げます。

アラフィフド素人のおばちゃんの絵がどこまで変わるのか、個人的に興味深いテーマなので、これからも細々絵を続けていこうと思います。

「夢の馬」

f:id:yorie777:20180716151923j:plain

あれもおもしろそう、これもおもしろそう。


興味の赴くままにやってます。

ちょっとモノも作ってネットショップも開いてますが、箱はあるね!という状態です。


そんな定まらないようなことでいいのかなあと不安になることもありつつ、
昨日大阪にふら~っと出かけ、話を聞いてもらってました。

帰ってきて描いたのがこれです。
何度か同じ下絵で塗っていますが、黒い空間にするつもりが、途中からいろんな色の曲線の乱舞に。


自分の状態が絵に出てるなら、以前より明るい感じが出ていそうですね。